おはようございます。

本日(1月12日)の八ヶ岳です。

八ヶ岳と上空にかかる雲

お天気がいいので、空が青々として神聖な気持ちになります。

気温は-6度です。

冬ならではの楽しみのひとつは暖炉があります。

こちらの周辺のお店にも大きな暖炉が置かれたお店が沢山あります。

暖炉の灯を見ているだけで、落ち着いた気分になり心が静かになってきます。

そして暖炉と言えば、マシュマロ焼きです。

綺麗に焼くのはなかなか難しいものです。

今回も、少し焦げてしまいました。

 

昨年11月に「アーシング・スーパーマットCotton!」が発売されました。

皆様からも好評でスタッフ一同嬉しく思っています。

この「アーシングスーパーマットCotton!」はお客様からの声によって誕生したのです。

アーシングマットの良さも分かるんだけど、やはりゴムはちょっとねぇ・・・」「部屋のインテリアに合うようなものが欲しい!」「軽くて持ち運べて使えるのが欲しい!」「マットで色々な使い方が出来たらいいのに・・・」等の声を頂いておりました。

ならば、もう作るしかありません。

まず、導電布の選定から入り数種類のサンプルを作成しました。

その中で、やはり導電性の一番優れたマットを使うことにしました。

 

アーシング前

アーシング後

 

次は、マットの固さをどう出すか?滑らない工夫として裏布をどうするか?汚れを防ぐには?耐久性はどこまであるか?など検討課題は沢山あります。

こちらのサンプルも数種類作成して試してみました。

最初望ましいと思えたものは、ゴミを吸い易く汚れやすく使うには難が出たり、マットの滑り止め加工に時間を要するなど、完成までに時間がかかってしまいましたが、最後は思っていた以上の素敵なアーシングマットが誕生しました。

考えてみれば、アーシングの主体はゴムマットよりもシーツ形式(導電布)の方が圧倒的に多く使用されており、優れた面が多いので導電布を使った足マットの方がアーシングには理想的と言うことになりますよね。

 

こうした誕生の経緯を経てお客様からの声が届きましたので、ご紹介します。

◆綿素材で高性能

「綿素材で温かみがあり、サイズが小さい分、扱いやすく持ち運びに便利であちこちで使って気に入っています。
素材のアーシング効果が高い高性能生地が使われているので、ちょっと座っているだけでも効果があります、良い商品ですね。」

◆アーシンググッズで快適な生活

「以前アーシングシーツを購入し、とてもよい睡眠を得られ、地球の風さんの商品が気に入ったので、睡眠時間以外にも利用したいと思い、このマットを購入しました。

特にパソコンに向かっている時間に利用していますが、疲れがかなり軽減されます。

アーシンググッズのおかげで以前に比べ、快適な毎日が過ごせております。

アーシンググッズは私の生活の必需品となっています。」

◆手軽で便利

「今までのマットだとゴムの臭いがするとか冷たいとかでアーシングマットを買うのを躊躇していたのですが、布のマットで何よりこの季節に冷たくないというのがいいです。

しかも手軽にどこへでも持ち運べるのはいいですね。

我が家のリビングでテレビを見ながら、パソコンをする時には足もとで、と活用しています。

パソコンをするといつも頭がボッ―として目がかすみ肩こりがひどくなっていたのですが、このマットに足を置いていると、まず頭のボッーとした感がほとんどなくなったのには驚きました。さすがアーシングの効果ですね。

また、帯電体質なので困っていたのですが、冬は特にバッチとくる感覚がいやだったのですが、今年はほとんどバッチとこないですね。」

以上、Amazonレビューより転載

◆驚きの導電性能

「軽くて、肌触りもいいですね。見た目も素敵で、一番気になるアーシング効果は凄すぎます。テスターで測って驚きました。これまでのマットでは考えられないです。

限りなく0(ゼロ)Vに近付きます。

私は常時パソコンをしているので、このアーシング・スーパーマットCotton!は本当に離せないものになります。」

◆効果+デザイン性

「手軽に使えて便利です。リビングや書斎で使っていますが落ち着いた感があり効果も凄いのでビックリします。移動も簡単なので重宝しています。」

 

「アーシング・スーパーマットCotton!」のお客様からの声でした。

 

詳細は商品ページをご参考下さい。

↓↓↓↓↓↓

https://chikyuno-kaze.com/products/detail.php?product_id=129

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年は「地球の風」商品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。
本年もスタッフ一同、より一層のサービス向上を目指してまいりますので、なにとぞご愛顧を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

1月1日

株式会社地球の風

共同代表: 藤田直美 日高弘子

◆2018年スタート!!

昨年の12月から始まった「地球の風2周年記念謝恩セール」もお蔭様で好評をいただいております。

アーシング・コットンクッションシーツが新しく発売されましたが、従来から人気のアーシング・コットンシーツに中綿を入れて冬でも寒くなく、そして新発売のアーシングコード(ピュア)投入により軽快で確実な接続が出来るなど使い易くなって生まれ変わりましたので、数枚まとめてお買い求めになられる方が多く見受けられます。

そして今は、ピローパッドがプレゼントされますので、大変お買い得な商品になっています。
こうした、好調な売れ行きを受けて、在庫が僅少になってきました。

ピローパッドプレゼントは在庫限りとなりますのでこの機会に是非お早目にお買い求め下さい。
お客様からいただいた感想によると、両親にプレゼントされた方が多くいらっしゃいました。「綿特有の冬場の固く冷たい、ヒャッ!とした感じがなく朝までぐっすり休めた」等の感想も頂いております。

◆2018年初アーシング!

2018年は元旦から素晴らしい天候に恵まれています。
地球の風「創作工房 八ヶ岳」周辺からは見事な八ヶ岳連峰と南アルプス甲斐駒ケ岳を臨むことが出来ました。
昨年末までバタバタとした日々を送っておりましたが、お正月は「八ヶ岳工房」に来て、ゆっくりとした日々を送ることが出来ています。

こちらは、標高1,300mを超えていますが、1,000mを超えると免疫力が上がると言われており、雪が残る中でのアーシングも冬ならではのこと・・・。
新鮮な空気と素晴らしい大地のエネルギーによって英気を養うことが出来ました。自然の恵みに感謝です。

 

そして2018年初アーシングの写真はこちら!

雪でのアーシングとなりました。
雪のアーシングはなかなか勇気がいりますね。東京周辺の公園ですら身がすくんで躊躇しましたが、こちらはさらに厳しい環境です。
先ず車から降りて「さむーい!」の第一声。ここで靴、靴下を脱ぐ!「もはや声が出ません!」しかし、気合を入れて「頑張るぞ!」
そしてはじめの一歩「冷たい!」徐々に「痛い!」に変わります。

その内に徐々に慣れてきたのか、冷たすぎて感覚が麻痺?してきたのか?なぜか「気持ちがいい!」「頭がクリア!」になった感じがしました。あまり長くは続きませんでしたが、2018年初アーシングはSNOWアーシングでした!

皆さんはどんな場所でのアーシングをなされましたか?
お奨めスポットがありましたら是非共有していきたいです。
この季節、外でのアーシングは敬遠されてしまいますが、少しの工夫で楽しくなるかも知れませんね。

ブログ「アーシングライフ」でもお奨めアーシングスポットを皆様と共有出来たらと思っております。
皆様からのアーシング写真を投稿下さい。このページでご紹介させて頂きます。
是非以下のアドレスまでお送りください。

↓↓↓↓↓

mailアドレス:info@chikyuno-kaze.com

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

前回、コードの話が出たので蛇足になりますが、ここで少し考えておかなければいけないことについて触れておくことにします。

最近特に目立つのはアーシングに対する誤った認識(根拠なき説明)を散乱するところがあるなど、アーシング社会への警鐘としてはっきりと間違いを糺しておくことも必要であると判断し、章を加えておきたいと考えます。

最初の問題はアーシングコードには絶対に抵抗が無くてはならないものとする主張を展開している業者もあるのですが、本当に「アーシングコードに抵抗は必要か」ということです。

アーシングは身体と大地との直接接触が目的なので、基本的にその純粋な交流を妨げるものは一切必要ではないのです。

ところが自然そのものを家の中に持ち込むことが出来ないので、一般的にはアース棒を大地(EARTH)に接地し、そこからアーシングコード(電気アースのコードなど)をつないで導電性マットやシーツに触れるという方法によって人体に滞留している静電気を電気的に大地に流す方法がとられています。

しかも、この場合の滞留している静電気は身体からアーシングコードを通じて大地に流れていくことになりますが、このときこうした交流に伴って大地側からも入ってくると考えられるエネルギーは真逆の方向に、つまり大地側から身体に向かって作用しています。

そして、この時のエネルギーは地球から受ける純粋なエネルギーと考えることができます。

こうして身体から大地に流される滞留「静電気の流れ」と、全く逆向きの「大地からのピュアエネルギー」という二種のエネルギーが交流しています。

これがアーシングの基本的接地になります。ここではっきり分かることはアーシングの接続において判明するのは身体に滞留した静電気の除去と、逆向きに流れる大地からの純粋なエネルギーだけであってどこに抵抗を必要とするのでしょうか?

しかも、この二つの流れはどちらも邪魔することなく速やかに確実に流れることが重要になります。

そうであれば身体に害になっている滞留静電気を体外に流す目的のアーシングに、わざわざ流路と妨げるだけの抵抗を入れておく必要はあるでしょうか?

あるいはもし、大地側から受け取るピュアなエネルギーがあるとすれば、ここでも同様にコードにこの流れを妨害する抵抗は邪魔なものとなるだけです。

こうして考えるとアーシングコードは純粋かつ障害の起きないエネルギー等の通り道となるのが相応しいものとなります。ここに抵抗というコードの流通はどうなるでしょうか?

当然ここでアーシングには役立たない抵抗という妨害物が入るとこの流れを妨害する邪魔もの以外にありません。

これがアーシングにおける抵抗の位置づけとなります。良く考えれば分かることです。

つまり「アーシングコードに抵抗は不要」ということになるのです。

「地球の風」においてはこうした体内に残留している静電気を流し大地のエネルギーを中継しているアーシングの効果を最大に引き出すために、創業時から一環してアーシングコードの一義的利用を考慮に入れ、原則的に抵抗は用いていません。

抵抗を入れることとアーシング効果を生かすことは二律背反の関係となり同時に出来ないのです。

気づいていない人が多いのですが、アーシングには抵抗が必要というのは誤った短絡的な認識なのです。

地球の風においてアーシングコードに抵抗を入れる条件としては、一つだけを考えています。

それは自然と直接行う本来のアーシングができず、家屋等に張り巡らされている電気配線システム上のアース線や電気コンセントなどを借りてアーシングでのアース接地をとる場合のみです。

本来的にはアーシングは電気とは何の関係もありません。

しかしこの場合は電気コンセント等にアース接地を行うことになりますので、日常使用する電気配線システムや電気機器等の影響によって漏電や落雷の危険と向き合うリスクが発生するのです。

その他にもっと身近なところでは接続配線等の使用の際の不慣れな要因によって起きる事故等も想定されます。地球の風においてはこうしたアース接地は創業以来一度も奨めておりません。

最近になって考え方に同調される業者も増えて参りましたが、これまで地球の風においてはこうしたアース接地の問題を解決するためのお客様に対する次善の対応策はいくつかの事例を提示しながら、時には個別対応をして対処して参りました。

コンセントアースをご使用されるか否かの判断はご本人に委ねましたが、もし使用される場合の対策として、安全対策上の説明と対処方法については利用者に対しその主旨を詳しく説明するようにしています。

その上で実務的に行われる具体的な対処方法としては、一つには抵抗の入ったアースコードを利用する場合で、国内で定められたRCJS規格に準拠した1MΩ(1000000Ω)の抵抗をアーシングコードのコンセント接地側に入れます。

この方法は導電性マット等の扱いに対応した規格(通称:日本静電規格)とされているもので、日本国内メーカーは規格通り1MΩの抵抗が使われています。

よく見かけるのはこの抵抗を導電商品の側のコードに入れているケースですが、こうしたものは外国製品に多く使われており、単純に電気流量の制限ならそれでも良いでしょうが、アーシングに限ってはそうはなりません。

これでは接地コンセントから導電商品に繋ぐコードに裸線が使用されているとコードそのものが危険にさらされています。弊社の様に市販品を用いたケースはやむを得ませんが、もしご自分でアースケーブルに抵抗を入れるなら入れる位置が違っていてこれでは危険です。

正しくは導電商品の側に入れるのではなく、別売りの弊社特注品のアーシングコードのようにコンセントに近い接地側に入れるべきなのです。

こうしておけばある程度の危険は防ぐことは可能ですが、これとても万全とは申せません。しかし、こうした抵抗を使用する目的はあくまでも電気の漏電対策等としての対応に尽きるので、アーシングそのものには何の役にも立ちません。

良く考えればお分かりのように、例えばアーシングマットでアーシングをしたとき、電気コンセント側に接続されたコードを危険と考えるのはどうしてでしょうか?

アーシングすることは前述のごとく人体に帯電している微少の静電気がマットに流れるだけで、コンセント側あるいはマット側から大量の滞留静電気が人体に襲ってくるわけではありませんから実は何ひとつ心配は要らないのです。

アーシングにおいては身体あるいはアーシンググッズと電気コンセントとの間のアーシングコードには抵抗は必要ないということがはっきり分かると思います。

抵抗があるとアーシングの邪魔になるだけです。

抵抗を入れている目的はアーシングに必要となるのではなく、電気コンセントを利用したアース接地を前提としたものによることがその理由です。

この接続のためにわざわざ漏電や落雷のリスクを背負うことになるからです。そうだとしたら日本での規制基準とされている1MΩでも安心できません。

まして外国でよく使われている100キロΩなどはその10分の1という効果でしかないのでそのようなものがふさわしい訳がありません。

このようにアーシング効果と安全性のどちらにとっても中途半端なものがアーシングにぴったりなどとうそぶいているところがありますが、こうした事実を理解すれば簡単にデタラメな説明を見破ることができます。

地球の風において安全性(抵抗)の問題は、マットやシーツ自体に一定の安全対策としてメーカーにおいて内蔵されているものが多いので、一部商品を除きほとんどの商品はこうした心配はいりません。

どうしても漏電や落雷等の危険から身を守るための対策が必要になる場合は、万全ではないが1MΩ (100KΩの10倍)の抵抗が入ったコードを使用しています。

もう一度おさらいをしてみますと、アース接地がアース棒による大地への直接接地ではなく、家庭配線の電気システム利用でコンセントや電気機器のアース配線と混線している場合のアース接地を行わざるを得ない場合は、アーシング効果優先で抵抗のないピュアコード等を使用されるか、あくまで安全性を優先しアーシング効果を落とした抵抗入りのコードを使用するか、二者択一の選択によってご本人が決めることになります。

 

といっても、弊社のゴムマットの場合は拡散性導電マットと通常の導電性マットの二層構造マットそのものに安全対策上の抵抗が組み入れられた、安全かつ導電性能が生かされた二層式マットが使われているので邪魔な抵抗が入ったコードは不要となり安心して効果の高いアーシングが楽しめることになります。

同様にシーツの場合は、安全対策上抵抗値の低い一部の商品に限り、通常のピュアコードの他に、落雷や漏電などの安全に留意したい場合の別売りコードを用意して、用途に応じた使い分けをお奨めしています。(詳しくは個々の商品説明欄をご覧下さい。)

いずれにしても、アーシング効果と安全性の両面において納得のいく方法によって対応できるように配慮してありますのでご安心してご使用いただけます。

蛇足はひとまずここまでとして、次回からは新たなアーシング世界を切り拓く独創的グッズの紹介をしていきたいと考えます。

一部先行販売したものもございますが、これからご紹介する商品はこれまでのアーシングを過去の時代に追いやるような斬新さと合理性を併せ持った画期的な商品と言えるほど、真に新しいアーシングの世界を拓くものとして注目される商品であると言えるでしょう。

 

 

————————————————————————

※ 地球の風のウェブサイトをはじめ本稿に掲載されているアイデアや文章はすべて、株式会社地球の風により作成されています。当社の商品説明文及び写真を許可なく使用、コピーすることは著作権の侵害となります。

皆さん、こんにちは。
12月も半ばに入りました。今年も残すところあと3週間ですね。

今日は朝から近くの公園に行ってきました。

木々の色は赤や黄色から茶色が多くなっていました。

そんな朝からのアーシング!はだしで芝生を歩くとかなり冷たく感じます。


5分程歩いていると足がジンジンとしてきます。
近くにベンチがあったので、ベンチに腰掛けてアーシング!


大きな木の温かみに触れてみたり、落ち葉の中からどんぐりを見つけたり、いつもの公園がキラキラと輝いていました!

皆さんも、お近くの公園で、ゆっくりと深呼吸して大地と繋がってみませんか?

いつもと違った感覚を味わうことが出来るかも知れません。

 

本日は「地球の風」商品をご愛用いただいておりますOさんにお話しをお伺いしました。

C:はじめまして。地球の風商品をお使いいただいてありがとうございます。Oさんはいつ頃からお使い頂いておりますか?

O:もうかれこれ、2年近くになります。

C:お使いいただいた切っ掛けは何だったのですか?

O:アーシングの本を読んで、これはいいんじゃないかって。大地と繋がるんだからいいに決まってる!って思ったんですね。直観でしょうか?元々、食養の勉強などしていましたので、自然とか大地という言葉に惹かれたのかな?そういうことならやってみようと、でもなかなか、公園を裸足で歩くのは勇気がいることで、ひとりではちょっと恥ずかしいなと。なら、お家で使えるアーシングマットを使ってみようと。

C:それでアーシングマットをお使いになられたんですね。

O:そうなんです。我が家は電化製品が溢れていて、前々から体に良くないとは分かっていてもパソコンのない生活は考えられなくて。主人もパソコンの仕事をしていたので。リビングにテレビとパソコン2台。主人はアーシングマットをパソコン時に足元に、私は直接座って使ってました。

C:アーシングマットを使ってみてどうでしたか?

O:使う前に測定器(身体電位測定器)で測ってみたんですね。測ってみて我が家の状態を知って驚きました。パソコンやテレビの前で測ると数値が高いし、マウスに触るだけでもグッと数値が上がるし、これじゃあほんとに体によくないなと。
そして、アーシングマットに足をつけただけで一瞬で数値が下がって、これまたビックリしました。
こんな簡単なことなら続けられますよね。ただ足元に敷いておけさえすればいいのですものね。
それで、私は台所にいる時間が長いので、台所にもキッチンマット代わりに使いました。汚れてもさっとふけるのでいいですね。

C:Oさんはアーシングシーツもお使いいただいているそうですね。

O:はい。アーシングマットを使い始めて、やはり寝てる時にも使ってみたいと思いまして。

C:アーシングシーツはどのアーシングシーツをお使いですか?

O:アーシングリカバリーシーツを使っています。

C:どうしてアーシングリカバリーシーツをお選びになったんですか?

O:シーツはお値段がお高いので、実ははじめ躊躇していたんです。
でも、余裕が出たら使ってみたいと元々思っていたんですね。使うならリカバリーシーツと初めから決めていたんです。

C:はじめから決めていたんですか?

O:はい。リカバリーバックというものがあるのは知っていたんで。ツールドフランスの選手が疲労回復の為に使っているという記事を読んでいて「私も使ってみたい」と思ってたんです。

C:地球の風の「リカバリーシーツ」をお使いいただいていかがでしたか?

O:私はシーツを使ってからの効果が大きかったですね。元々頭痛持ちなんですが、気が付いたら頭痛が減っていました。前は良く2.3日寝込んでたんです。それが寝込まなくなりましたね。寝込まなくても我慢できるぐらいになりました。
あと、朝の目覚めも良くなりました。以前はもう少し寝たいな、という感じの日が多かったんですが。それがないんです。
今は、アーシングリカバリーシーツ以外のシーツは使わなくなりました。
洗濯してもすぐに乾く点も気に入っています。昔からシーツは綿とこだわっていたんですが、寝てみたら全く違和感もなかったですね。さらっとしていて気持ちがいいです。
あと、夏の時期はシーツとして使っていたのですが、寒くなってきたのでシュラフとして使ってみたんですね。使う前は家の中ではちょっと違和感があったんですが、使ってみたら本当に「ガイアの懐」という心地よさを感じました。やみつきになってます(笑)
今、一番の使い方はお風呂で半身浴した後にリカバリーシーツの中に入って休むことです。朝までポカポカで良く眠れます。
お奨めですよ!

C:お顔もつやつやしていますね。
今日は色々なお話しをお聞きすることが出来て楽しい時間が過ごせました。
どうもありがとうございました。

第一回のお客様インタビューでした。

半身浴後にリカバリーシーツに包まれて眠る!とっても良さそうですね!

では、次回をお楽しみに!

 

 

常に一歩先行く地球の風において、ついに純粋アーシング実現のための「ピュアコード」が開発されました。

このコードは単純にただ頑丈なコードが創られたというだけのものではありません。

アーシングにおいてとても大切なもののひとつは、繰り返し説明してきたように大地(地球)との交流そのものを司るエネルギーの流れ、つまりアーシングコードそのものの品質が問われます。地球の風が提唱するアーシングは単なる静電気を流すだけのアースではありませんから、コードの太さや質の問題にも配慮してきました。

それに万が一のための電気的・物理的安全性や強度、耐久性、寿命など通常のアースコードの適合基準をすべて満たした本格的なアーシングのための純粋なコードとして、オリジナルの「ピュアコード」 (写真参照)が地球の風特注品としてリリースされることになりました。

 

創業以来地球の風が提唱し続けてきた自然との交流による純粋アーシングを実践される方にとって、アーシングコードは安く出来て線さえあれば何でも良いという適当なものではいけません。

瞑想、ヨガは勿論ですが、平時のアーシングにとっても純粋かつ本格的アーシングを始めるにあたっては、アーシングの充実をはかりピュアなアーシングの実践にアーシングコードの性能は欠かせないものになります。

こうした考えに則って誕生した新しい「アーシングコード・ピュア」が開発されました。

また、アース接地のために家屋内の危険な電気配線システムを使わないでピュアコード接続が可能となる水道管用アーシングコードも同時に開発されました。これによって家屋にアース端子取付口(アースポート)の無いご家庭もアーシングが可能になります。

ピュアコード及び水道管用アーシングコードの製品情報を御覧ください。(近日中に発売予定)

 

———————————————————————————————

※ 地球の風のウェブサイトをはじめ本稿に掲載されているアイデアや文章はすべて、株式会社地球の風により作成されています。当社の商品説明文及び写真を許可なく使用、コピーすることは著作権の侵害となります。

 

こうした中で、ひたすらアーシンググッズと向き合い満2年を経て得られた一つの結論は、アーシングというものはこれまで知られてきた概念やイメージとは違って、身体からの帯電電位(静電気)の除去のみに注目するばかりではなく、もっと広く深く地球そのものの広範囲の働きに着目すればエネルギー的交流を行うという視点に重点をおいて考える必要があると感じたことです。

こうした体験を経て母なる大地(地球)とのエネルギー交流に惹かれて、地球の風におけるアーシングの取り組みは大地との交流をより効果的に行えることが、これからのテーマになっていく予感がしています。

ここでの大地との交流と言う意味はアースコードは単に静電気を流すのみならず、地球からのエネルギーと人体や精神作用の交流にこそ重要(大切)な意味合いがあるのではないか? という感覚にもとづいたものです。

この考えは弊社が以前から、ことあるごとに主張していることで、アーシングは自然との交流が基本とした考えに立脚したものとして、地球の風のHP「EARTH」の「アースは命!アースケーブルへのこだわり」に詳しく紹介されてきました。

静電気を流すことによる効能は既に多くの方々の体験談があり、大地との交流により精神面における変化も多く語られていますが、それがどのような要因によるものかは未だ学術的な解明はなされていませんが、少なくとも現状のアーシングにおける心身への影響なども勘案すれば、現実には「論より証拠」とした体験的真実が先行している状況にあると言えます。

こうした環境の中にあって「地球の風」が提供する新しい風の1つとなる、「ピュアコード」について次回取り上げてみたいと思います。

 

———————————————————————————————

※ 地球の風のウェブサイトをはじめ本稿に掲載されているアイデアや文章はすべて、株式会社地球の風により作成されています。当社の商品説明文及び写真を許可なく使用、コピーすることは著作権の侵害となります。

地球の風が提唱しているアースとアーシングの違いについて、アーシングを物理的かつ本質的な面から捉え直してみると、地球にアースされ中和されるのは人体に滞留している静電気ですが、こうした静電気に限らず大地との交流はエネルギーによって私たちの心身にも影響を与えているのではないかと考えることができます。

地球から人体(身体)への交流(干渉)は単純な「電気的アース」の働きと言うものだけではなく、こうした何らかの広がりを持つ働き、はっきりと断言はできませんが、これこそが「アーシングの効果」と呼んでも良いものではないかと考えています。

つまり、地球の風にとってアーシングとは、電気的アースのほかに大地(地球)とのエネルギー的交流という働きがあり、この働きを得ることをアーシングと認識しているということになります。

アーシングの方法を考察すると、これをつなぐ要素は大地と身体の直接接触のほかに、いわゆるアーシングコード(アースコード)を介した方法が考えられます。

地球の風においては、アーシングコードとアースコードは目的を明確にさせる意味で、従来から言葉の使い分けをしています。アーシング用に開発したものを「アーシングコード」と呼び、従来のように電気的なアースを目的として用いるものは「アースコード」と呼んでいます。(地球の風HP「EARTH」をご参照ください。)

「アースコード」をアーシング用として使用する場合、当然それなりにアーシング効果(主として物理的効果)はあるのですが、地球の風が使用するアーシングコードはこれとは違ってこれまでいくつかの試作を経ながら瞑想等の精神的分野においても、より効果的なコードの形態を追求したものとして存在してきましたが、他方において電気的(物理的)分野におけるアースコードとしても規格基準に則って必要となるすべての適合基準をクリアさせたうえで、独創的オリジナルコードとしてアーシングコードと共生するためのものとして開発しています。(本ブログ特集記事 添付の設計図参照)

 

この新しいアーシングコードは、漸次地球の風商品の全てに対応できるように計画されています。

なお、アーシングコードをテーマとした説明は以前に地球の風HP「EARTH」の欄にある「アーシング本来のあり方と妥協なき安全対策」「2.アースとアーシングの違い」において以前取り上げた説明がございますのでそちらもご覧ください。

 

———————————————————————————————

※ 地球の風のウェブサイトをはじめ本稿に掲載されているアイデアや文章はすべて、株式会社地球の風により作成されています。当社の商品説明文及び写真を許可なく使用、コピーすることは著作権の侵害となります。

 

期間2017年12月1日~2018年1月31日

アーシングをリードする地球の風オリジナル商品

この期間下記の商品をお買い求めいただいた方に、もれなく安眠できると評判の「アーシング・ピローパッド(5,940円相当)」をプレゼントいたします。

また、一部の新商品(フュージョンタイプ)はさらに10%の謝恩割引価格で販売いたします。
なお、商品の数に限りがございますので売り切れの節はご容赦ください。

 

なお、先行販売中の下記商品は、謝恩セール期間中は下記の特典を継続します。

 

ハイグレードマットを下記の通り謝恩割引価格にて販売します。

※お求めはこちらから

地球の風ホームページ

https://chikyuno-kaze.com/products/list.php?category_id=73

 

 

日本で最初の「アーシンググッズ専門店」として、2015年にオープンした「(株)地球の風」は今年の12月をもって満2年を迎えます。

今日になって信頼と実績のブランドとして一定の評価を頂くことが出来るようになりましたが、最初の頃は、「アーシンググッズ」と言っても国内ではほとんど知られておらず、勿論「アーシンググッズ」という呼び名すらもありませんでした。

それらしき物と言えば、一部の電磁波関連会社が導電性マットを適宜のサイズに切っただけのものが唯一の商品でした。それに一本のアースコードが付けられ、アース接地には検電テスターを用い漏電等の安全を確認した上で、コンセントにつないで接地させるといった方法が提案されていました。

その頃に初の「アーシンググッズ・オンリーショップ」として、オリジナル商品によるアーシンググッズ専門店としてAmazonネットショップ「地球の風」がオープンいたしました。

しかし最初の頃は、製品となるアーシンググッズそのものとして規定されたものが無く、弊社において独自に日本のアーシング環境・風土等を考えながら、すべてが一からのスタートになりました。それまで国内においてアーシンググッズの製作を手掛け、このような商品を専門に扱うところがまだ存在していなかったからです。

弊社がアーシングという概念を知ったのはショップをオープンする約1年ほど前のことで、当時、創始者であるアメリカのクリントンオーバー氏が著した著書を「アーシング大使」として日本に紹介したエハン・デラヴィ夫妻の翻訳本「アーシング」が最初の出会いになります。この書籍の紹介の時がアーシングが日本に初上陸した時とも言えるようです。

 

出版記念の説明会等にも参加し広く知識を学びながら、米国において発見・開発され、ある程度研究が進んだ「アーシング」というものを真摯に受け止めながら、これにふさわしいグッズ提供に関心を持ってアーシングの発展に参画すべく精魂を込めて取り組むことになりましたが、何から何までが初の試みとなりました。

商品製作に関しては自らで考案し調査して、試作・試験といったプロセスを繰り返しながら、一つ一つの製品を完成させていくことになります。

しかし、今ではひとつの商品を真似た同じような外国製のアーシンググッズが多く出回り、商品によっては驚くほどの安価で手に入るため、それらを仕入れて販売している業者も多く出現しています。

しかしこうした業者が扱う商品は、外形的には同じようなものであっても弊社の商品とは全く別商品ということができます。弊社も以前アーシング発祥の米国からアーシンググッズを購入販売することも検討しましたが、種類も多くなく商品を見ても日本的な精緻さがなく粗雑なものが多く日本にはなじみ難い印象で、当時からアーシンググッズはほとんど中国産のものが中心に売られていたと言う事実を知って見合わすことになりました。

商品の品質という面で問題があると信用できる仕入れルートの確保にも難があるので、もし販売商品とした場合利用者の側に立った品質等の責任を考えなければなりません。

こうした商品は表面的には形状や商品写真は米国等で販売される商品と同じようなもの(勿論いわゆるパクリ?)ですが使用されていても、やはり中国においては信じられないほどの安価で売られているものが多く、このような製品は表面上とは違いやはりそれだけの内容のものだと分かったので、人身に直接触れるものが多いことを考え合わせると、弊社においてはこうした商品は原則的にハッキリと品質の確認が出来るもの以外は取り扱わないことにしました。

弊社はこうしたことからも、事業者として真っ先に日本製品の質を重視して使用目途に合った商品の開発にこだわることが大切であることを学びました。

必要と考えられるグッズは可能な限り輸入商品に頼らず国内生産を心がけ、使い勝手が良く安心して使用できるもの、加えて日本の技術や優れた材質による良品質のものをできるだけ安い価格で提供したいと言う理念のもと、いくつかの地球の風ブランドを生み出しました。例えばアーシングコードの場合はアース用コードの長さや端子を変える度に一本の長いコード全体を買い替える必要がありました。こうしたムダを無くすため端子をコードと接地端子及び接続端子を三つに分離させそれぞれの接続に必要な端子を揃え、自由に交換できるようにアーシングコードとして分離・接続しアース接地端子を複数化したり、簡単に取替えできるようにしたのも弊社のアイデアでした。こうして現在、こだわりのピュアコードが製作されています。

これらの商品はすべて国内生産となり、一部の同業者が外国(中国等)から製品を仕入れて自社シールを貼付しただけのものや、アースコード等に少し手を加えてあたかも名前だけ国産自社ブランドとして転売するような、いわゆる「使い捨て」的な訳の分からないブランドの国産品とは違います。

実際に地球の風における商品の品質点検は、商品としての信頼と品質を守るために正確なデータが確認できない商品等についての組成検査をはじめ、例えば200回分の洗濯テスト(週一回として約4年分)による摩耗度合いや洗濯を重ねての耐久性についても検査し、洗濯回数ごとの帯電性能についてまで専門家による特殊機械にかけた導電チェックを行った上で販売される商品となります。

しかも適切な使用にもとづく場合一定期間の保証を成し、不具合のものは修理又は取替え等の措置を講じることにしています。

このようにして、すべて自社において自らが手掛けて品質管理してきたもので、個人の同業者等にみられるように「使えなくなったときが寿命」と言われるような使い捨て感覚の販売はいたしておりません。利用者が安心して使用できる商品を提供することをモットーにしており、アーシングシーツ並びにアーシングマットやコードなど商品のすべてに見られるように、随所に独創的なアイデアの詰まったオリジナル商品としての特長が生き、創作工夫のうえ製品化されてきたものばかりです。

こうした約2年間の蓄積をもとにご利用実績や創業から今日までの品質チェックをはじめとする各種試験結果等を踏まえ、通常1年間の品質保証ですが原材料や使用試験等の結果を踏まえた上で、一部の商品においては2年間の信用保証をお付けすることにしています。

これらの商品は、今日では「地球の風」ブランドとして一定の評価と信用を得、病院はじめ診療所、各種施術院、さらに学校等の公的機関からも引き合いが来るなど、代理店を通じた卸販売も行われています。

 

 

———————————————————————————————

※ 地球の風のウェブサイトをはじめ本稿に掲載されている文章はすべて、株式会社地球の風により作成されています。当社の商品説明文及び写真を許可なく使用、コピーすることは著作権の侵害となります。

 

今日からブログでの発信をすることにしました。

新しい情報や珍しい情報など、今お伝えしたいことをランダムにお伝えしたいと思います。

まず最初の発信は、アーシングマットはゴムという概念を破り斬新な発想で誕生した「アーシング・スーパーマットCotton!」についての報告です。

ワァー斬新!早く使ってみたい!と思わず叫びました!

本日、新発売の「アーシング・スーパーマットCotton!」が納品されてきました。

思えばサンプル作成を何度も繰り返し、やっと完成した商品です。

導電性は?サイズは?キルトの大きさは?など暑い盛りに何度も試行し、またそれを手直ししながら、やっと皆さまにご紹介出来るようになりました。

やはりこのマットは導電性の凄いこと、それに加え使い心地の良さを是非皆さまに知ってもらいたい。体験してもらいたいという思いで一杯です。

アーシング・スーパーマットCotton!はこちらです。

SM7

開店2周年記念及び謝恩価格謝恩価格  ¥8,467》

マットの構造はハイクラスレベルの導電布を中心にして、中綿を入れ感触を良くし、芯(ソフトバック)を使って強度と適度な硬さを出しました。そしてさらに滑り止めにより軽くて安定感のある4層構造のマットになっています。

安心の日本製 地球の風商品は全て日本の工場で縫製されています。

(工場でのキルティング風景)

キルティングをかけることにより、圧倒的な安定感が生まれ生地も丈夫になります。導電性能もムラがなく、使用に際しては柔らかく暖かいといった多くの長所が活かされます。この技術を足マットにも用いてみました。ゴムとは比較にならない使い易さ、使い心地が伝わります。しかもお値段はとてもリーズナブルに抑えてあります。

そしてもうひとつの目玉はアーシングコードは本格的アーシング時代を担う「ピュアコード」が標準装備されました。プロが設計した地球の風オリジナル商品です。

ピュアコード

ピュアコードの設計図

地球の風のこだわりはアーシングコードにも及び、プロによる設計と製作によって新しく開発されたアーシングコードには以下のような説明がなされています。

アーシングコードの良否はアーシングの“命” とも言えるもので、単に電気を通せば良いとしたものから離れ、精神分野を織り込んだ新しい概念とそれにふさわしい品質をもとめアースの専門的技術を基に品質と安全性そして効果の全てが揃ったアーシングのための本格的「アーシングコード(ピュア)」となります。

2017年6月地球の風ホームページで「EARTH」において初めて述べられたアーシングに対する新しい認識をさらに現実的な事象として具現化させたものです。

身体から静電気を抜くという働きに加え、私たちの意識の部分にも影響を及ぼすとする精神的分野への働きを大きく捉えた考えは同感出来、私も瞑想等を通じて生かそうと考えています。

そして現在、さらに新しい瞑想マットも準備が整って、近日中にいよいよ発売される予定です。

この商品もまた画期的とも言えるものになりそうで、モニターさんの評判はとても良く、長い間座っていても静かだし足やお尻が痛まないという声が多く聞かれました。発売が待ち遠しい商品です。

もう一度スーパーマットCotton!に話を戻します。

導電生地はコットン地にSilver31%蒸着された導電布とのコンビネーションによって、素晴らしい導電性能と爽やかな感触が揃い、寒い季節は靴下を履いたままでもOKです!(あまり厚い靴下はNGです)

自宅のリビングなどでも足が冷たいと悲しくなりますよね。靴下を履いたままで、しかも肌触りも優しいので、冬でも心地よくアーシングが出来るようになります。

その他の特長として

・コットンで心地よい肌触り

・季節を問わずオールシーズン使用可能

・滑りにくい滑り止め加工 フローリングでも安心です

・使い勝手の良いサイズ 40cm×70cm

・シックな佇まいでお部屋にもマッチ

・軽くて楽々 移動も簡単

・汚れたらお洗濯が出来るマットです(驚き!)

・使い方は貴方次第!

例えば足元マット、そのまま座って、パソコンの下に、椅子の上に等このマットがあれば、色々な使い方が出来ます。

1000

モニターさんからの印象を聞きました。
  • ゴム製のアーシングマットを使っていましたが、寒くなってきたので使いづらかったのですが、スーパーマットは冬でも冷たくないし、肌触りも気に入っています。
  • 台所はIHクッキングヒーターを使っているので、キッチンマットとして使用しています。台所作業をしても疲れにくくなったような気がします。
  • テスターで測ってみました。瞬時に限りなく0ボルトに近づいていきました。このマットを使わないでいると2ボルト近くあったので、もう手放せなくなりました。
  • 私はマットの上に座って使っています。・お部屋で使っても違和感なく使えます。素敵です。
  • 布感覚とマット感覚の双方が微妙に混ざった印象。素晴らしい!
商品ページはこちらから https://chikyuno-kaze.com/products/list.php
いかがでしたか?
今回は殆どが商品の説明になってしまいました。次回は商品ご愛用のお客さまのインタビュー記事を予定しています。お楽しみに!! 

【ご注意】本商品は導電性に優れておりアーシングコードには余計な抵抗は使用されておりません。それだけピュアなアーシングには望ましいマットですが、もしアース接地が自然(大地)からの直接接地のスタイルではなく、やむなく家屋等の電気配線システムのコンセント等をご利用になる場合は、商品説明書の注意書きを良くお読みになってご利用下さい。

 ——————————————————————————————————————————————-

※ 地球の風のウェブサイトをはじめ本稿に掲載されている文章はすべて、株式会社地球の風により作成されています。当社の商品説明文及び写真を許可なく使用、コピーすることは著作権の侵害となります。